フィッシングメールの記事の後編、もうすぐ出します。

国公立大学の前期入試の終わりぐらい美味しいものを食べる

こんにちは(‘ω’)ノ

こないだ、書類を出しに行くためだけに大学へ行き、帰宅してからYouTubeを観ていたら、「でんがん」さんが「今日(国公立大学の前期入試が終わった日)ぐらいは良いと思うんすよ」とか「ちょっと良いもの食べよう」とかおっしゃっていました。(2020年2月25日公開の「日常でんがん」チャンネルの動画です)

ということで、現役の大学生ですが、後輩の前期試験(の1日目)が終わり、合格することを祈って、いつもの夕ご飯をアップグレードした夕ご飯を作りました。自炊を頑張ろうと思っている方、既に頑張っている方の参考になるメニューだったら幸いです。

裏事情なので小声(という名の小さい文字)で誤魔化しますが、この記事を書き始めたのは2020年2月25日で、国公立大学の前期入試が行われた日です。公開されるのは3月でしょ?(なお、予想は的中した模様)

今日のディナー

Today’s Menu
  • (左下)卵かけご飯
  • (左上)ホタテ
  • (中央)鮭のバター醤油焼き
  • (右上)温かい緑茶
  • (右中)佐賀県産いちご
  • (右下)味噌汁

普段はこんなにたくさんのメニューを用意しませんが、「今日ぐらいは」という気持ちではりきって作っちゃいました。細かい計算はしていませんが、この食事でだいたい700円ぐらいです。

白米ではなく卵かけご飯にした理由は、家にある大量の卵の賞味期限が近づいてきて、早く消費したかったからです。

それぞれのレシピ

まぁそんなに書くほど難しいものはありませんが、書いておきます。

卵かけご飯

みなさんやり方が色々あると思いますが、僕のやり方は……

  1. ご飯を茶碗につぐ
  2. ご飯の真ん中に少し窪みを作る
  3. 卵を割って窪みに落とす
  4. 醤油をかける
  5. 混ぜて完成

……です。また、九州の甘い醤油を使ってるので、醤油の量は多めです。

ホタテ

生食用を買ったので、レンジで温めてそのまま皿に盛り付けました。バターで焼いたほうがもっと美味しかっただろうなぁ。

鮭のバター醤油焼き

僕の家にはグリルが無いので、フライパンで焼くことを前提としたレシピを書きます。

  1. バターをフライパンの真ん中に置き、加熱しながらフライパンを前後左右に傾け、バターをフライパン全体にまんべんなく広げます。このときは中火~強火です。
  2. 弱火にし、鮭をフライパンの上におき、醤油をかけます。醤油は意外と味が濃いので少し多めにかけるだけで鮭がしょっぱくなるので注意します。鮭の両面に醤油をかけたければ、ちょっとの量で良いと思います。
  3. フタをし、ある程度時間がかかったら鮭をひっくり返し、醤油をかけたければかけます。
  4. 十分に加熱できたと思うまで鮭を何度かひっくり返しながら焼きます。

温かい緑茶

もはや書くものでは無いので省略。

佐賀県産いちご

特に切ったりすることなく、ざるで丸々水洗いしただけです。

今回は「さがほのか」という品種のいちごを選びました。九州や広島で見かけると思いますが、その他の地域では見かけますか?

味噌汁

我が家にはコンロ(というかIH)が一口しか無いので、即席みそ汁で代用しました。24食入りを購入し、12食や6食入りと比べて、1食あたりの値段を地味に削減しています。

総括

普段から食事のバランスと量に気を使ってちゃんとしたものを食べつつ、健康的な生活を崩さない範囲内での食費の削減をしていますが、今回は普段より贅沢な食事にすることができました。後輩の入試にキリがついたという日にふさわしい一人暮らしの家庭的なメニューにできたと思います。

たまにはお金をかけてはりきって料理するのも良いですね。

後輩が無事合格するといいなぁ!

ではでは(^.^)/~~~


てつモリは日本ブログ村のランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました