通知登録お待ちしております!
これって消費税8%?10%?

「軽減税率のこと分かんない」っていう方向けにまとめました!図を使って分かりやすく説明していきます!

読んでみる!

ドクターマリオワールドをやってみた

こんにちは(‘ω’)ノ

先日、ドクターマリオのスマホ版「ドクターマリオワールドが配信されたのでやってみました。

どんなゲーム?

超ザックリ言うと、カプセル(薬)を使ってウイルスを退治しようというゲームです。

ファミコン版との違い

今回配信されたスマホ版の「ドクターマリオワールド」とファミコン版の「ドクターマリオ」とでは、いくつか違いが見られます。

カプセルの動き

ファミコン版はカプセルが自動的に上から下へ落ちていきますが、スマホ版は下から上へ動きます。スマホ版でカプセルが上から下へ落ちるようにしたら指で画面が見にくくなるからではないかと思います。

また、ファミコン版はカプセルの動きを静止できないのに対して、スマホ版は静止させることができます。そのおかげで、カプセルを真横に動かし放題です。ただし、カプセルが動く方向とは逆の方向(ファミコン版なら下から上、スマホ版なら上から下)の移動はできません。

さらに、スマホ版では、途中に障害物やカプセル、ウイルスがあっても、十分な隙間があればそれらを飛び越えてカプセルを置くことができます。自由度高すぎです。

ステージ

ファミコン版はカプセルが上から下へ落ちるので、ステージはビンの中でしたが、スマホ版のステージは毒々しい紫の液体の中です。 (理系の皆さん、液体の中をカプセルが浮いていくんだから、カプセルの密度は液体の密度よりも小さいんだよね~と思いましたか?)

模式図

また、スマホ版では、スーパーマリオでおなじみのレンガブロックが登場します。これは、同じ色を3つ並べたら、周辺1~2マスのレンガブロックを破壊できます。

○○されているウイルス

スマホ版では、一部のウイルスが何かされています。全クリしていないので、知っている限りの知識でお話しします。

1つ目は冷凍されているパターンです。この場合、同じ色を3つ並べて冷凍を解除してからもう一回同じ色を3つ並べてウイルスを消さないといけないという二度手間です。

2つ目はブロックに隠れているパターンです。レンガブロックを破壊しながらウイルスを探します。

3つ目はバブルを身に着けているパターンです、こいつは画面の上のほうに行きます。どういうことかと言うと、プレー次第ではウイルスの配置が変わるということです。

使えるカプセルの数

ファミコン版はカプセルを無限に使えますが、スマホ版は1つのステージで使えるカプセルの数が決まっています。ステージが進むと、カプセル1つで2つ以上のウイルスを消さないといけなくなるので、頭を使います。

実際にやってみた感想

一言で言うと、ファミコン版よりも難しくなっているように感じました。使えるカプセルの数に制限があるというのが一番厄介です。全てのカプセルを使い切ってウイルスを全滅させられなかったことが何回かありました。

ただ、一部のステージを除いて制限時間が無いし、カプセルを静止させることができるので、ゆっくり考えることができるのは有難いです。

今回の作品は、がむしゃらにカプセルを並べてウイルスを消すのではなく、ゆっくり考えることで、いかに効率良くウイルスを消せるか考えさせられます。今後の情報化社会は、ワンパターンのマニュアル的な考え方ではなく、多種多様な考え方が必要になってくるので、楽しく思考回路を使えるゲームだと思いました。

ではでは($・・)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました