通知登録お待ちしております!
これって消費税8%?10%?

「軽減税率のこと分かんない」っていう方向けにまとめました!図を使って分かりやすく説明していきます!

読んでみる!

家計簿アプリ「Zaim」のレビュー

おすすめ記事

こんにちは(‘ω’)ノ

今日は家計簿アプリ「zaim」をレビューします。

一人暮らしはお金の管理が大切だから家計簿で何とかしたいと思うけど、お母さんみたいにレシートを見ながらノートみたいなものに手書きをするのは面倒だと思っている画面の前のあなたにオススメです。

Zaimとは

レビューする前にzaimについて少しご紹介します。

zaimは株式会社zaimが提供する家計簿サービスです。ただ単にお金の節約を促すだけのサービスじゃないのが一番の魅力です。自分のやりたいを叶えるために金銭面からサポートしてくれます。

え? どいうこと?

簡単に説明すると「今月はn円使いましたー。来月はm円削減しませう。」というものではなく、どの分野にどのぐらいお金を使ったかを可視化することで、自分の好きなことに投資しやすくしてくれます。(これについては、レビューの所に書いています)

Web版だけでなく、androidやiosのアプリも提供されていますので、PCは使えないけどスマホは使えるよって方にも向いていると思います。

基本的には無料ですが、月額300円~360円の支払いでもっと便利な機能が使えます。

Web版から有料会員に登録したら月額300円、アプリから登録したら月額360円です。
月額「コーヒー1杯分(by Zaim)」のお値段ですが、価値はそれ以上にあります。

Zaimのレビュー

僕がZaimを使ってみた感想を大雑把に書くと、

  • カスタマイズしやすい
  • 記入忘れを防ぐための機能がありがたい
  • 大概の銀行の口座と連携できる
  • 1カ月ごとにお金の使い方を分析できる

以上の4点です。

カスタマイズしやすい

Zaimは、スマートフォンアプリではあまり例を見ないほど融通が効きます。

例えば、「カテゴリー」という機能を見ていきます。カテゴリを簡単に説明すると「内訳」で、収入・支出を記録するときに使う機能です。日常生活で使うであろうカテゴリーはデフォルトで設定されていますが、全て自分に都合の良い項目に変えることができますし、使わないカテゴリーは非表示にして画面をスッキリさせることもできます。また、カテゴリーの下にカテゴリーを作ることができるのも魅力です。同じ食費でも使い道が違うときに使えます。下に僕の例を載せておきます。

さらに、それぞれのカテゴリーには、Zaimが予め用意した100種類強のアイコンから自分が好きなものを設定でき、色も変更できます。

少し理系の要素を入れて解説すると、アイコンの種類が104種類、色が38色なので、組み合わせは 104×38=3,952(通り)となります。ここまで融通が利くアプリはあまり無いですよね??

これらの機能のおかげで、自分が使いやすいアプリにできます。

記入忘れ防止のための機能

Zaimには、記入忘れ防止のための機能があります。

1つ目はプッシュ通知です。

1日1回だけ、記録を促すプッシュ通知を設定できます。このおかげで毎日の家計簿を怠らずにやっていけていると言っても過言ではありません。

2つ目は連続で家計簿を何日付けたかの記録です。何日連続で記録を付けたか数字にして表れるので、ふりだしに戻したくない人間の心理を使って、毎日の家計簿を促しています。

でも、1週間おきとか月末につける方にはいらない機能です。その辺は見て見ぬふりで……。

銀行の口座と連携

銀行の口座と連携することで、口座からのお金の出入りが把握することができます。誰がどの銀行口座にいくら入れたか表示されます。

また、口座の残高の推移はグラフで表示できます。

銀行のATMで口座の中身をいじってからアプリに反映されるまでの時間は、僕の場合で最大2時間ほどですので、大したラグは無いかと思います。早くて30分ほどです。

1カ月ごとにお金の使い方を分析

「分析」という機能を使って1カ月ごとに使ったお金の内訳を分析できます。内訳は「カテゴリー」で設定した項目がそれぞれ適用されます。下に簡単な図を載せます。

どのカテゴリーにどれだけのお金を使ったかは、円グラフで一目瞭然です。グラフの色は、カテゴリーの設定で適用した色です。ここでも、見た目への配慮がなされています。

趣味にかける金額の割合が多いと、人生を楽しめている証拠です。これがZaimを使ううえでの目標です。

まとめ

お金は節約して貯めるのが常識ですが、たまには使うことも大事です。今回のようなアプリを使って、上手にお金の使うことで人生を楽しめるようになります。

Zaimを使って、上手なお金の使い方を探してみませんか??

ではでは($・・)/~~~

2019.9.15 追記

この記事の続編を投稿します! お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました