9/16(月)公開の記事から、公開の時間が16:00に変わります。

新生活で買った家電を紹介&レビュー

一人暮らし

こんにちは(‘ω’)ノ

今日は新生活を始めるために買った家電をレビューしていきます。

一人暮らしが始まって1カ月が経ち、使い慣れてきましたので、それを踏まえたレビューをしていきます。

基本的には新生活セットで購入

できるだけ安い買い物にするために、家電は新生活セットでまとめて安く買いました。新生活セットは1月から3月にかけて売られていて、一人暮らしを始めるのに必要な家電のいくつかがセットで安く売られています。

新生活セットにはメリットとデメリットがあります。

メリット

それは安い価格で家電を購入できること。セットで売られている商品はメーカーが希望している販売価格よりも安くしているのでお買い得です。たまーに破格で売り出している商品があるので、通常の販売価格を手に入れておくと違った買い物ができるかもしれません。

もう一つのメリットは家電に詳しくない方に向いていること。大概の家電はは20種類以上も売られているうえに、何がどう違うか分からなくて欲しいものを選びきれないことがありますが、新生活セットは購入できる家電が製品の型番までキッチリ決まっています。どれにすれば良いか迷うことはあまりありません。消費者が選ぶオプションは色ぐらいです。

デメリット

一番のデメリットは機能が多い商品がほぼ無いことです。これは、家電にこだわる方のデメリットで、「家電は使えれば良い」という方には関係ない話です。安い価格で家電を売るわけですから高機能なものが売られていないのが新生活セットです。全てはシンプルイズベストです。そのおかげで使いやすいです。

新生活セットのデメリットはあまり無いので、家電にこだわりが無い方がわざわざ高いお金をかけて高機能な商品を買いそろえるのは浪費に過ぎないと思います。

家電のレビュー

テレビ

ORIONの液晶テレビを、次に説明する外付けHDDと一緒に購入しました。画面の大きさは24型。僕が住んでいる8畳の部屋には小さいです。

はい、こんな感じでポツン。8畳の部屋を持つ方は32型で十分だと思います。

外付けHDD

「テレビ番組を録画しとくだけで、DVDとかはPCで観るんだよなぁ」という方にオススメ! 最近はHDDにテレビ番組を録画している方もいらっしゃるようです。

DVDを再生するための機械が無いのですごく軽いです。

HDD(ハードディスクドライブ):CDのようなディスクに情報を記憶するもので、使用例としてPCがあげられます。しかし、少しデリゲートなものなので、最近はSSDが使用されるようになってきています。
なお、1つのHDDにつき1つのテレビにしか使えないので使いまわしができません。テレビが壊れたらHDDは使えないものになってしまいます。いつもと違うテレビにHDDをつなげて録画を行ったら、それまでに録った番組が消えてしまいます。
HDDを使いまわしたいよって方は、異なるテレビでも見ることができるかもしれない方法があります。

ブルーレイ再生プレイヤー

PCでDVDを観る予定だったんですけど、そのためのソフトのインストールに何度も失敗して諦めたので購入。

韓国製の基本仕様なのか分かりませんが、早送りが全然早くなく、早送り×5で日本製の早送り×3ぐらいです。そのくせ、早送り×6にしたらめっちゃ送られます。

動作音はあまり無いですが、ディスクの情報を読み取るときの音が日本製よりも大きいです。

冷蔵庫

Hisense の霜取り不要のタイプを購入しました。一人暮らし用にしては大きめです。

温度調整が無いせいか、冷蔵室はちょっと冷え過ぎです。冷蔵室から取り出してすぐの牛乳は冷たすぎて飲めません。アセロラドリンクは10分ほど置いて飲んでます。お腹を壊しやすい人は気を付けたほうが良さそうです。

冷凍室からは冷気を感じませんでしたが、引き出しが冷たくなっています。ホテルの冷蔵庫に似たタイプです。それでも、中にいれた食材はきちんと凍っています。

中の人、冷蔵庫の右開き・左開きの存在を忘れてしまいました。冷蔵庫を開けたらこうなります。

写真の奥に見えるのはキッチンです。右開き・左開きを間違えると料理するときに面倒なことになります。今後、冷蔵庫を買うときはその辺も考えるように気を付けます。(そもそも、入居前に下見をしなかった自分のミスです。)

洗濯機

こちらも Hisense の商品。容量は5.5kgです。一週間に3回ぐらいの洗濯で済むのかと思っていましたが、意外と洗濯物が多いのでとても活躍しています。

一つ気になることは、振動が大きいこと。脱水する度に大きくガタガタと音を立てます。洗濯機を配達してくださった方曰く「外国製の洗濯機は振動が大きい」とのこと。居間のドアを閉めてしまえば問題ないんですけど、お隣さんに迷惑をかけたらいけないので深夜は動かさないほうが良さそうです。

対策としては、洗濯機の足にマットを敷くことでしょうか。

掃除機

CCPのコードレス掃除機を購入しました。とても持ちやすく軽いです。充電式ですが、電池はあまり持ちません。また、電池の残量を示すインジケーターがありますが、見にくいです。

持ち手を取り外して使えるので、狭いところも掃除しやすいです。こっちのほうがホコリを吸ってくれます。

普段は持ち手を折り曲げて置いときます。こうしておくと掃除機が倒れにくいです。

電子レンジ

HITACHIのレンジで、まさかの西日本専用モデル(周波数が60Hz)。「西日本専用モデル」という言葉自体が初耳で、東日本に引っ越ししていたらガラクタになっていました。

この電子レンジ、スタートボタンがありません。つまみを回して秒数を合わせて2秒間放置すれば勝手にスタートします。こんなんトリセツ見らな分からんw

解凍が100Wと200Wの2種類ありますが、使い分けがよく分かりません。

このレンジは少し厄介なもので、10分動かしたらレンジの中の部品を冷やすために食品を温める動作を止めてファンが回りだします。600Wで温めて調理時間を短縮するしかないです。レンジで簡単に作れるパスタの容器を使う人が要注意です。

新生活セットで売られている電子レンジはターンテーブルがついているもので、お手入れが面倒です。お金を貯めて庫内がフラットなものを買おうかな。

炊飯器

音がとても静かで、画面がカッコいいです。寝ているときも全然音が気になりません。炊きあがったときのご飯の匂いはたまりません。

お米の量は3合までです。一人暮らしでは3合で足ります。普段お米ばかり食べている僕でもご飯を炊くのは2~3日に1回なので、あえて4合とか5合の炊飯器を買う必要は無さそうです。

オーブントースター

ZOJIRUSHI製で直径22cmのものまで温められます。これで冷凍ピザは十分。

火力調整の機能を一度も使ったっことが無い人が火力調整機能がついたトースターを買いましたが、パンを焦がしてから火力調整のありがたみを感じました。火力調整の一つに上だけ温めるという機能があるので、パンに乗っけた具材を焼きたいときには使えそうな機能です。

電気ケトル

T-fal製でロック機構つきです。上の白いボタンを押さないとお湯が出てこないのに加え、ケトルが転倒してもお湯が漏れない機構がついているので、地震のときでも安心です。

わずか50秒でお湯を沸かせる優れものです。

僕が買ったときは1.0Lよりも0.8Lのほうがお値段が高かったです。なんでですかね。

ドライヤー

正直こだわってないので、適当に買いました。ドライヤーにこだわっているみなさん、ごめんなさい。

新生活セットは配達して組み立ててもらうのがベスト

新生活セットで買った家電(特に冷蔵庫や洗濯機)は重いので業者さんに任せて家まで持ってきてもらうのが基本ですが、組み立てたり設置してもらうほうが楽ですし、後片付けもしてくれます。

自分で組み立てたり設置するのが好きな方は自分でやれば良いと思いますが、自分の経験上、後片付けがとても大変です。処分しないといけないダンボールの何と多いことか。家電のダンボールだけでなく家具のダンボールも処分しないといけないのですから、人によっては相当な労力です。

最後に

家電の新生活セットは破格で売られているのであまり贅沢できないのは基本です。一人暮らしをするうえでそろえるべき家電だけで10万円前後はかかるので、食器やお掃除グッズはできるだけ安いものを使わないと、一人暮らしを始めるための初期費用が膨大になります。

入居する時点で膨大な金額が発生しているので、費用を抑えられるところは抑えたいところです。まぁ、安くても実用性が無いと意味無いですけど……。

一人暮らしを夢見ている方、始めてみようという方は、今回の記事を参考にされてください。

今日はこの辺で。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました